新燃岳の噴火が継続して起きる?火山性地震が頻発してる

霧島連山の新燃岳火口の近くで
火山性地震が急増しているって
ニュースが流れてますね。

4月から噴火は落ち着いていますが
また噴火が起きるのでしょうか?

ヤフーニュースより引用

霧島連山の新燃岳火口の北側付近を震源とする火山性地震が急増しています。
気象台によりますと新燃岳では2日、主に火口の北側、2キロ付近を震源とする火山性地震が増加し、午後10時までに438回観測されています。このうち304回は午後6時から午後10時までの4時間に観測されました。
また、2日午後8時45分ごろからは、新燃岳の北西の深い場所での変動と考えられる傾斜変動が観測されていて、新燃岳方向へのマグマの供給を示している可能性があるということです。
一方、新燃岳火口の直下を震源とする地震は少ない状態で、火山性微動は観測されていないということです。
新燃岳では先月6日を最後に噴火は観測されていませんが、活発な火山活動が続いていて、噴火警戒レベル3の「入山規制」が継続しています。気象台は、火口からおおむね3キロの範囲では大きな噴石に、2キロの範囲では火砕流に警戒を呼びかけています。

新燃岳の今の状況は?ライブカメラの画像

新燃岳の噴火が継続しているのは大型地震の前触れ?

以前から言われていることに
「霧島連山の噴火が活発化していると
 近い時期にまた大型地震が起きる」

というものがありますが

これは新しい大型地震の前触れなのでしょうか?

大型地震になる時には、いくら備えていても
備えすぎということはありません。

今一度自分の防災対策を
見直してみる必要がありませんか?

最後に

言い尽くされた言葉ですが

天災は忘れたころにやってくる

細心の注意を払っておくのは
大事なことです。

普段からの準備を見直してみましょう。

こんな記事も人気です(お得情報)
楽天市場での買い物をするなら、これはやらないと損だというポイントに関わる情報やお得なサービスをまとめました。これをチェックしておかないと大損しることもありますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする